ニキビ跡 ビーグレン リプロスキン

ニキビ跡に効くのは?ビーグレンとリプリスキンを比較!

ニキビ跡の化粧品は用途に合わせて使うべし

人によって好みの化粧水や洗顔料ってありますよね。
肌に合う事ももちろんですが、使い心地など・・・

 

そこで今回、評価の高かった化粧品2つ(ビーグレンとリプロスキン)を比較してみました!

 

 

どちらもニキビ跡ケアに効く成分がたっぷりと配合されている、
という事なので使ってみたところ、使い心地はリプロスキンが若干優れているという感じです。

 

 

 

ビーグレンの化粧水もリプロスキンの化粧水も浸透性は高いのですが、
やっぱり化粧水はつけ心地が命!

 

だからこそつけた瞬間のサッパリ感は譲れないものだと思います。

 

 

肌につけた後「まだしっとりしてる!」と驚いたのも、リプロスキンでしたね。

 

 

ここまでなら断然リプロスキンが優位に立っていますが、
ビーグレンには美容液と洗顔料の強い味方が待っていました。

 

 

 

ビーグレンの洗顔料には天然クレイが配合されていて、
洗顔料の色が薄い灰色なんです。「あ、本当に泥が入ってるんだ」とすぐに実感しました。

 

 

 

化粧品ってどんなに優れた成分が入っていても目に見えないものだから、
今ひとつ実感が持てない!と思う事が多々あったので、
これは>かなりの好印象でした。

 

 

市販の洗顔料よりも泡立ちが悪いので、最初は泡立てるまでに苦労しましたが、
今ではすっかり慣れました。

 

洗った後のスベスベ感が今まで感じた事の無い肌触りだったので、私はかなり気に入っていますね。

 

そして忘れてはいけないのが美容液です!

 

美容液って化粧水よりもトロ〜っとしているものだと思いますが、
ビーグレンの美容液はトロ〜り具合が凄いです!

 

 

肌につけた後もそのまま残るくらいトロミがあるので、凄く珍しいと思いますね。

 

 

ただ、ベタつきが苦手な方には、ちょっと嫌だと思うかもしれません。

 

後は少しだけ刺激が強いかな?という印象もあります。肌につけた部分がじんわりと暖かくなるんですが、
最初の内はほんの少しだけ痛みを感じました。

 

 

ビタミンCは肌に沁みるらしいので、そこだけがマイナスポイントなと思います。

 

 

リプロスキンの公式ページを見てみる

 

ビーグレンの公式ページを見てみる

 

全体的に見た印象だと、ニキビ跡ケアに徹底しているのはビーグレン、
簡単に出来るニキビ跡ケアならリプロスキンですね。

 

ニキビ跡にはリプロスキンとビーグレンではどっちがいいの?

 

ニキビやニキビ跡ケアにも対応しているビーグレンなら、
確かにニキビを治す事が出来ると思います。

 

ただ、私はどちらかと言うと「一本で手軽にニキビケアがしたい派」なので、リプロスキンがお気に入りですね。

 

ニキビが治った後もそのまま使い続けるなら、
一本でサッパリとケア出来るのは嬉しいです。

 

でも洗顔料はビーグレンの天然クレイがお気に入りです。

 

 

結論!

 

ビーグレンの洗顔料とリプロスキンの化粧水をセットで組み合わせが一番!

 

 

というのが今回の比較の結果ですね。

 

リプロスキンの公式ページはコチラ!

 

ビーグレンの公式ページはコチラ

あなたはどのタイプ?ニキビ跡ケア

ニキビ跡には大きく分けて、赤みタイプ、凸凹タイプ、色素沈着タイプ
あります。

 

一口にニキビ跡と言っても症状も違うので、使う化粧品もそれぞれの症状にあったものを
選んだ方がいいに決まってます。
下記であなたの症状と照らし合わせてみてくださいね。

 

赤みタイプに効く化粧品 凸凹タイプに効く化粧品 色素沈着タイプに効く化粧品

 

炎症しているニキビ跡には沈静させるために使い心地のよう化粧水がおススメです。
つけた瞬間のサッパリ感で選ぶならリプロスキンです。

 

 

 

凸凹タイプのニキビ跡には、
コラーゲンの生成を促進させるビタミンCが高濃度で配合されているビーグレンの美容液がお
ススメです。

 

 

 
色素沈着タイプのニキビ跡には、
メラニン色素に効果のある
ハイドロキノン配合のビーグレンの化粧水と美容液がおススメです。

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
一番効いた化粧品 ニキビ跡タイプ別治し方 簡単♪肌質チェック ニキビ跡化粧品ランキング