30代 ニキビ跡を治す

30代のニキビ跡を治す方法

30代のニキビ跡を治すには・・・

30代からのニキビというのは「大人ニキビ」と呼ぶんだそうですが、30代のニキビというのは10代・20代にできる
ニキビを「思春期ニキビ」というのであれば、30代の大人ニキビは少し治すのは難しかったりします。

 

 

もちろん、よく知られている過剰な皮脂分泌というのは30代でもニキビが原因としては同じ
なのですが、それ以外に分かりやすい例を挙げるとしたら「間違ったスキンケア」、「ストレス」、
「ホルモンバランスの乱れ」といったのがあります。

 

30代のニキビ跡を治す方法を順を追って、お話しするとまず「間違ったスキンケア」というのは、やり方が間違っているという
よりかは、お肌に合っていないスキンケアをしている事です。
ニキビが出来た時に、ありがちな事に「肌に油分が多いから、クリームや美容液を使うのは
止めて、化粧水だけにしよう」っていうのがあると思うのですが、化粧水だけだと、つけた直後は
潤っている感じがしますが、時間が経つと肌表面から蒸発していってしまいます。
そうなると、肌がどんどん乾燥してしまい、「乾燥から肌を守ろう!」と皮脂が多く分泌されて
しまうんです。
また逆に「お肌が乾燥しているから。。。」とクリームや美容液を沢山使ってしまうと、皮脂の
分泌が多くなってしまい、ニキビに繋がる場合があります。

 

30代になれば、ニキビ跡を治すには化粧品選びも慎重にする必要がありますね。

 

次に「ストレス」についてですが、人はストレスの状態が長く続くと、「ストレスから体や肌を
守ろう!」と、男性ホルモンが多く分泌されます。
男性ホルモンには皮脂を多く分泌させる働きがあるので、これがニキビを作ってしまうんです。
日々のストレス対策もですが、寝不足も体や肌にとってはストレスなので、しっかり寝て、
休養しましょうね。

 

最後に「ホルモンバランスの乱れ」についてですが、女性の方の中には「生理」の時にニキビが
出来やすいという方がいませんか?
これは生理の時に分泌される「黄体ホルモン」が関係しています。
黄体ホルモンは生理の後半から、次の生理がくるまでの間に分泌されるのですが、このホルモン
には男性ホルモンと同じような働きがあるといわれていて、皮脂の分泌を多く促します。
だから、生理の時にニキビが出来やすくなるんです。

 

生理周期がキチンと分かっているのであれば、生理になる1〜2週間前から、油分や糖分の多い
食事を控えたりすると、少し違ってくるようなので、一度、試してみるのも良いかもしれませんね。
しかし生理周期がバラバラだったりするのであれば、「生理不順が原因のホルモンバランスの
乱れ」というのが考えられるので、その場合は婦人科に相談してみるのが良いと思います。

 

また逆に男性の場合だと、皮脂の過剰分泌以外に、「髭剃り」が原因となる場合があります。
髭剃りで、不用意に肌が傷ついてしまって、そこに雑菌が入ったり、肌が乾燥してしまうからです。
だから、髭剃りをする時は肌を傷づけないようにするだけでなく、キチンと保湿ケアしましょうね。

 

30代のニキビの原因というのは色々ありますが、普段の生活を見直してみると治すヒントと
対策が見つかりそうな感じがしますね。

ホーム RSS購読 サイトマップ
一番効いた化粧品 ニキビ跡タイプ別治し方 簡単♪肌質チェック ニキビ跡化粧品ランキング