20代 ニキビ跡を治す方法

20代のニキビ跡を治す方法

20代のためのニキビ跡を治す方法

思春期を過ぎてはいますが、20代ってまだ皮脂の分泌が多く、ニキビが
出来やすい肌環境になっています。そんな20代のニキビ跡を治す方法には、
どんなケアが良いのでしょうか。

 

まず最初は「過剰な皮脂を抑える」対策です。

 

過剰な皮脂というのは、一番分かりやすい原因としては、油分の多い食事を取る事なのですが、
これ以外に実は「糖分」も、体内に吸収されると脂質となるので、ニキビの元となってしまうんです。

 

女性にはスイーツ好きが多くいると思うので、「スイーツを我慢するなんて出来ない!」という方も
いるかもしれませんが、せめてニキビが出来ている間は我慢した方が悪化させたり、増えたり
するのを防げると思うので、気をつけてくださいね。

 

そして次に「肌を清潔にする」です。

 

スポーツをしていたり、何か体を動かす事を定期的にしていなければ、10代の頃に比べ、
20代は汗をかく機会というのは減りますが、それでも汗をそのままにしていたり、キチンと
スキンケアをしていないと、毛穴に余分な皮脂だけでなく、汚れや老廃物が溜まってきます。

 

溜まった皮脂、汚れ、老廃物というのはニキビ菌の「エサ」になり、これもニキビを悪化させたり、
増やす原因になってしまいます。

 

肌を清潔にするには「洗顔」がポイントとなるんですが、決してゴシゴシ洗ったりせず、
泡で優しく洗って、よくすすいでくださいね。

 

そしてタオルで拭く時も、摩擦が刺激になりますから、肌を押すようにして、水分を拭き取って
ください。

 

ニキビが出来ると色々したくなりますが、まだまだ若20代は肌機能が、まだまだ高いので
過剰な皮脂を抑える事と肌を清潔にするのに気をつければ、ニキビ跡も治りやすいといえるので
まずはそこから始めてみるのが最善です。

 

ニキビ跡に効く成分・化粧品一覧

効く成分

効き目

注意点

おススメ化粧品

要チェック情報!

サリチル酸

ニキビの炎症を抑える。赤ニキビ跡に有効

乾燥しやすい。美容液で保湿が必要

ルナメアAC

グリチルリチン酸ジカリウム

抗炎症作用。赤ニキビ跡の悪化を防ぐ

保湿が必要

リプロスキン

ビタミンC誘導体

抗炎症作用、色素沈着に効く

乾燥する。保湿で対策

NOV(ノブ)

ハイドロキノン

ニキビの色素沈着、シミを消す

紫外線の影響を受けやすい

ビーグレン

ホーム RSS購読 サイトマップ
一番効いた化粧品 ニキビ跡タイプ別治し方 簡単♪肌質チェック ニキビ跡化粧品ランキング